スポンサーリンク

2018年05月21日

中断前この神戸戦の検証をしっかりしてほしい。

 昨日の試合は思い出したくないほど最悪の試合。

 前半から相手の4トップにサイドバックが加わる攻撃に後手を踏み、押される一方
ミンテのマークの甘い行為で失点すると、自分たちのスローインから相手に奪われ失点。ミスから2失点。

 攻撃では右サイドから攻めるもクロスの精度やラストパスの精度がまったくダメでシュートまでいかない。ともかく都倉までボールがいかないものだから相手はまった怖くない。前半で2失点して流れを完全に失った。

 後半ジェイを入れて攻撃のスイッチをいれるもミンテのまずい守備からまた失点
これでジエンド、ミンテと宮澤の退場もあり大敗した。

 まったくいいところなく敗戦

 中断期間に最悪の終わりだった。

 まずはなぜ負けたが監督を含め反省しなければいけないだろう、この4トップの攻撃は他の4バックのチームも徹底してやってくるはず。


 なぜマークのずれが生じたか、数的不利になるのをどう対策すべきだったか。しっかり反省して対策を立てなければいけない。

 このままだと中断明けずるずると行く可能性もある。


 また攻撃陣はなぜあれだけ連係ミス、パスミス、ラストパスの精度の悪さをいてい」か単なる疲労のせいかそのほかのせいか検証すべき。

  攻撃陣はリーグ戦2試合で無得点、点がとれなくなったのはどうしてか。中断期間は時間があるし、ゆっくり反省できる。

 'そして選手たちはしっかり疲れをとって、休んで練習に向かってほしい。

' 思えばルヴァンカップホームで0-3で連敗してみそがついた。

 サブメンバーのケアを含め監督がやらなければいけないことは多い。
 中断期間をうまく利用してほしい。





      勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:04 | 今節の反省 | コメント(2) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/asa3804/tb_ping/3177
この記事に対するコメント一覧
Re:中断前この神戸戦の検証をしっかりしてほしい。

正直、神戸の選手が本来の力を十分に発揮したゲームだと思います。今年の、神戸の外国人でもポドルスキーが入ると、みんなポドルスキーを意識したプレイを選択して、機能しきれていなかったと思います。昔のコンサドーレみたいですね。
ウエリントンは、湘南、福岡でも力を発揮してきた万能タイプのFWで、自分でも活躍するし、周りを使うのもうまく、さらにチームの雰囲気をよくすると思います。田中純也も渡邉千真もウエリントンも大槻周平も都倉より能力が上の選手だと思います。都倉同様に決めきれないのは渡邉千真くらい、藤田直之と三田啓貴が試合開始からはまっていたので、神戸の選手はほぼ年俸通りの活躍をしていたと思います。
ジェイが入って、試合の流れが変わりかけた時に、ジェイのシュートがポストをはたいてこぼれ球を、進藤がシュートしましたが、相手に当たってゴールならず。その時の進藤が、インプレイ中なのに、その場でずっこけるという信じられない行動を見せ、その数分後、相手GKからのゴールキックを擦らされた時に、内側への絞りが甘くなっていて、3点目を決められ勝負ありという感じでした。
気になったのは、ミンテの2枚目ですね。完全にイライラして削りに行っていたファールだったと思います。メンタル面を、中断期間中に叩き直してほしいと思います。

posted by まさひろ| 2018-05-21 22:41

Re:中断前この神戸戦の検証をしっかりしてほしい。

まさひろさん。

 確かにかえってポドルスキがいなくて他の選手がいきいきしていましたね。しかし、これは初戦ではなくて神戸にとっては磐田戦ですでにその兆候を見せていたので十分に対応できたはずです。

 それをできなかったというかはっきり言って怠ったスタッフは責任を感じないといけません。
十分に対策を練れたはずです。そこは厳しく追及されないといけないですね。

 ミンテの2枚目はどうしようもないものではなく少し余裕があったので、ファウルしないで止められたはずです。そこをできなかったのはまだまだミンテのメンタルの不足ですね。しっかりと反省してほしいと思います。

posted by 孔明| 2018-05-22 19:33

コメントする