スポンサーリンク

2017年09月20日

『チョコレートコスモス』 恩田 陸

1505914306-_20170911_221237.JPG


 『蜜蜂と遠雷』 が気に入った人にはお薦めと聞き、紀伊国屋書店の店頭にもPOP付きで平積みしてあったので、読みました。
 『蜜蜂と遠雷』 はピアノコンクールが舞台でしたが、こちらは演劇の世界を舞台にしています。

 主人公は2人。恵まれた環境でエリート街道を歩んできた新進気鋭の女優、東響子と、ずぶの素人にもかかわらず驚異的な才能を持って登場した若き女優、佐々木飛鳥。人間味溢れる響子に対して、“演劇ロボット”とも揶揄される飛鳥。この二人を中心にテンポ良く進むストーリーは小気味良いです。
 演劇の公演や練習、いくつかのオーディションでの役者や女優の真剣勝負が臨場感あふれる筆致で描かれており、実際に舞台を観ているような感覚で、ピンと張りつめた空気感、緊張感、緊迫感がビシビシと伝わって来て、グイグイと引き込まれます。

 ただ、「そろそろこの辺りで、佐々木飛鳥なる少女がいったいどんな人間なのか、彼女の側から語っておく必要があるだろう」 という一文から始まる章は不要でしょう。
小説の流れを乱していますし、わざわざこんな章を設けなくても、流れの中で説明していく方法はいくらでもあるだろうに・・・ と思います。
 しかも、わざわざ章を設けてまで説明した飛鳥に足りないもの、欠けているものに関しては、彼女の限界や脆さ、危うさとして指摘されるだけで、きちんと描かれていません。このままでは飛鳥が天才すぎて面白くありません。

 本来は 『ダンデライオン』、『チェリーブロッサム』 の三部作の予定だったのが、諸々の事情により 続編が書かれていないのだとか。
 確かに この作品はまだ序章という印象で、仮にあえて余韻を残す終わり方にしたのだとしても ラストは中途半端で 未完だと思います。この本で張り巡らした伏線をきちんと回収し、佐々木飛鳥が本当の壁にぶつかった時の挫折感と、そこから這い上がる姿が読みたいものです。


 ところで、“チョコレートコスモス”  という花は、茶褐色の色だけでなく 匂いもチョコレートに似ているのだそうです。一度、実物を手に取って、匂いを嗅いでみたいものです。


【追記】 
 お風呂に入りながら ふと思ったのですが、この 『チョコレートコスモス』 の続編が中途半端になってしまった (連載途中で雑誌が廃刊になってしまった) ので、舞台を変えて書きあげたのが 『蜜蜂と遠雷』 だったのかもしれませんね。


posted by aozora |22:22 | 本の話 | コメント(2) | トラックバック(0)

2017年09月12日

『書楼弔堂 破曉』  京極夏彦

1505137984-_20170911_221347.JPG


京極夏彦の代表作と言えば、昭和20年代の混乱期を舞台に 古本屋 「京極堂」 の主、中禅寺秋彦が 憑き物落としの拝み屋として活躍する 京極堂シリーズ、江戸時代末期を舞台に 小股潜りの又市や山岡百介らが活躍する 巷説百物語シリーズですが、この作品は、明治20年代の東京の外れにある古本屋 「書楼弔堂」 を舞台に、弔堂の主が活躍する新シリーズの第一作です。

京極堂シリーズは 一見妖怪の仕業に見えるような不思議な事件を論理的に解決し、巷説百物語シリーズは 人の心の綾を妖怪の仕業に仕立てて解決するというものでしたが、この弔堂シリーズに 妖怪は出て来ませんし、事件も起きません。

弔堂は言います。
読まれぬ本は死んでいる。本は墓で、題簽に記された書名は戒名のようなもの、ここ(古本屋) は本の墓場である。読まれぬ本を弔い、読んでくれる者の手許に届けて成仏させるが我が宿縁。
だから、陸灯台のような古本屋の屋号は 「書楼弔堂 (しょろうとむらいどう)」。

「世に無駄な本などございませんよ、本を無駄にする者がいるだけです。」
「人に読まれぬ本は紙屑ですが、読めば本は宝となる。」
「ただ一冊、大切な大切な本を見つけられれば、その方は仕合せでございます。」
「ですから、その大切な本に巡り合うまで、人は探し続けるのです。」
弔堂の主は雄弁ですが、これらに限らず、本好きの心にストンと落ちる言葉が並んでいます。

弔堂の主は、人生に悩み、道に迷って訪れる者たちと話をし、その人の為の一冊を選び、その一冊を選んだ理由を語り、解決の道を示します。
この一連の作業を この本では 「探書」 と呼称しているのですが、これは一種の憑き物落としですね。
誰にどんな本を選んだのか、その理由は、、、、、これがこの本の醍醐味です。


6つの短編からなる連作短編集です。
探書壱 臨終 では 晩年の月岡芳年(浮世絵師)を、
探書弐 発心 では 書生時代の泉鏡花、 
探書参 方便 では 井上圓了(仏教哲学者、東洋大学創始者)、
探書肆 贖罪 では ジョン万次郎と岡田以蔵、
探書伍 闕如 では 巌谷小波(児童文学者)、
探書陸 未完 では 中善寺輔、高遠彬の悩みや迷いを解決します。

壱から伍までは実在の人物がモデルですが、陸の高遠彬は この本の狂言回しで、中禅寺輔も 物語の中の人物です。
中禅寺輔は 武蔵清明社の宮司、陰陽師ですから、京極堂と無縁という事はないでしょう。巷説百物語から京極堂へと繋ぐシリーズなのかもしれません。

全体に静かに穏やかに物語が進むため、京極堂シリーズや巷説百物語シリーズのような勢いのあるワクワクするような展開はありませんが、面白いです。
2作目が楽しみです。


続きを読む...

posted by aozora |21:21 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年09月08日

『NO.6 #1~9、beyond 』 あさの あつこ

 先日、あさのあつこの 『ミヤマ物語』 を読んだ後で この 『№6』 の存在を知り、面白いかどうか判らないので、とりあえず #1を古本屋で買って読み始めたのですが、読みだしたら止まらない、ハマりました。#8までは古本屋で買いましたが、その後は探し歩くのももどかしく、#9と beyondは いつもの紀伊国屋書店で新刊を購入しました。
 児童文学と大人向けの小説の中間、ヤングアダルト向けのライトノベルといったところでしょうか。本編だけで9巻ありますが、1冊1冊は薄くてすぐに読めるので、マンガのコミックを読んでいるような感覚です。中村文則の 『掏摸』、『王国』 の次に読んだので、余計に軽く感じた部分はあるかもしれません。

1504706466-_20170906_223726.JPG


 この作品は 近未来を舞台とした SF&ファンタジー&サバイバル小説です。
  (近未来と言っても 設定は2017年なのですが・・・・。)

 舞台は都市国家 「№6」。
 世界は大きな戦争により破壊され荒れ果て、人間が生活できる限られた僅かな土地に建設されたのが都市国家 №1から №6なのですが、「№6」 はその中でも最後に建設され、全ての生活環境がきちんと管理され、理想的な聖都市と呼ばれます。しかし、実態は 高い外壁で守られた厳しい管理社会、格差社会で、情報統制が徹底され、息が詰まるような社会です。また、外壁の内と外では更に大きな 天国と地獄のような格差があり、外壁の外は日々の生活もままならないような状況です。

 主人公は 紫苑(しおん) とネズミという2人の少年です。
 紫苑の12歳の誕生日に、暴力的な台風の中で治安局に追われて傷ついたネズミと呼ばれる同い年の少年を助けるところから物語はスタートしますが、本格的にストーリーが展開するのは4年後、2人が再開するところからです。「№6」 から 「凶悪犯罪者」 と呼ばれる2人が、外壁の外で生活しながら 「№6」 の隠された裏側、欺瞞を暴き、崩壊させるまでが本編。 Beyondでは その後日譚が語られます。

 紫苑とネズミは 光と影。
 作者は当初、「№6」 に象徴される国家というものを描きたかったそうですが、すぐに2人の少年に魅せられ、2人とその仲間の活躍、戦いが主になったそうです。
 全く違う世界で生活してきた異質な2人が、お互いを知る中でお互いに惹かれ合い認め合う存在となっていき、力を合わせて 「№6」 に立ち向かいます。信頼、友情、勇気、愛、言葉に書いてしまえば陳腐ですが、純粋な少年の成長物語にはやはり心惹かれるものがあります。
 詳しいストーリーは書きませんが、単純に面白いです。
 SF小説を書いてもやはり、あさのあつこは あさのあつこでした。


続きを読む...

posted by aozora |23:23 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年09月08日

『掏摸(スリ)』 『王国』 中村文則

『教団X』 を読んだ後、もう少し 中村文則を読んでみたくなったので、代表作と言われる 『掏摸(スリ)』 を読んでみて、で、『掏摸』 が面白かったので、その兄妹作と言われる 『王国』 も読みました。

1504090820-_20170830_184530.JPG


 
 『掏摸』の主人公は、天才的なスリ師。
 『王国』の主人公は、組織により選ばれた社会的要人に 意図的にセックススキャンダルを作ることを仕事とする女性。
 この2つの小説の舞台は日本の裏社会で、その闇に君臨する正体不明の化物、最悪の悪党として登場するのが「木崎」という男。

 自分で選択したはずの人生が、実は誰かの思惑通りに選ばされていたとしたら・・・。
 しかも、それは「神」などではなく、ただの「悪党」だったとしたら・・・。
 別な道を選択したくても、その余地はない。それも運命なのか?

 木崎は他人の人生や命を、自分が描いたシナリオ通りに動かす事を喜びとする変態で、この2人の主人公を利用し、翻弄し、命までも弄ぼうとするのですが、そこで何とか一矢報いようと必死に足掻く2人の姿を描いたのがこの2つの小説です。

 罠、策略、陰謀、裏切り、理不尽、悪意、恐怖が渦巻く裏世界は 重く、暗く、深いです。
 そのような中で、圧倒的な悪に立ち向かう2人に 果たして生き延びるチャンスはあるのか。

 ストーリーや結末は書きませんが、物語の構成はよく練られており、スリルとスピード、緊迫感のある展開で、エンターテインメント性もあり、グイグイと読み手を引き込みます。
 バカのひとつ覚え、語彙不足で申し訳ありませんが、どちらも面白いです。

 この2作は兄妹編と言われ、舞台や独特の世界観はリンクしていますが、続編というほどではなく、お互いに独立した作品なので、どちらかだけを読んでも問題ありません。
 ただ、両方を読むのなら『掏摸』からをお薦めします。


続きを読む...

posted by aozora |07:10 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年09月08日

CVSの皆さん! 次はボウリングでリベンジです!

 先週日曜日に 宮の沢で開催された 「夏の交流会 = ミニ運動会&BBQ」 に参加された皆さん、お疲れさまでした
 残念ながら僕は都合で参加できなかったのですが、皆さんのフェイスブックやブログを拝見すると、天気にも恵まれ、とても楽しそうで、美味しそうで、羨ましかったですよ。

 という事で、次の企画は ボウリング大会 vol.2アウェイゲームを観戦しながらの宴会兼表彰式 です。
 春に実施したボウリング大会で実力を発揮できなかった皆さん、リベンジのチャンスです。
 ボウリングに参加しない方も、サンフレッチェ広島との試合をテレビ観戦で応援しながらの宴会ですので、一緒に盛り上がりましょう!

 日程は 9月30日(土)
 ボウリングは 13時から、ディノスボウル札幌中央店で、参加費 2000円。
 宴会は 15時半から、魚桜-咲-で、会費 3000円。
 試合は 16時キックオフです。
 申し込みは CVS事務局まで、締め切りは 9月28日(木)です。

 大勢の参加をお待ちしています!

1504706757-tirasi.jpg



posted by aozora |07:07 | CVS | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年09月02日

『太宰 治の辞書』  北村 薫

 『空飛ぶ馬』、『夜の蝉』、『秋の花』、『六の宮の姫君』、『朝霧』 に続く 円紫さんと私シリーズの6作目、17年ぶりの作品です。

1504346679-_20170902_130254.JPG


 『朝霧』 で完結したと思っていたのですが、作者は《私》のその後と、芥川や太宰の事を書きたかったのでしょうね。
 もしかすると、最初に書きたかったのは芥川や太宰の事で、彼らの事を書くのなら《私》に語らせるしかないと思ったのかもしれません。
 (後で調べたら、あるインタビューの中で作者自身がそのように語っているのを見ました。)

 『太宰治の辞書』 は、「花火」、「女学生」、「太宰治の辞書」の3篇から成ります。日常の中の謎を探るのではなく、『六の宮の姫君』 の時のように、芥川龍之介と太宰治の文学の謎を深く掘り下げています。
 「花火」は、文豪ピエール・ロチの 『日本印象記』 と 芥川龍之介 『舞踏会』 の関係。「女生徒」 は、太宰治の 『女生徒』 と、その基になった有明淑の日記を対比させながら、太宰の創作の謎を解き、その文学性を語ります。「太宰治の辞書」 は、以前の作品では探偵役だった円紫師匠から出された問題を 《私》が解決していくスタイルで書かれており、太宰治が愛用したという辞書をメインに据え、彼の語彙の源を探ります。
 このような謎解きは 本好きには堪りませんね。ここに登場してくる作品を全て読んで、その謎解きの後追いをしてみたくなります。

 大学を卒業して みさき書房に入社した《私》も 今や40代。太宰の頃には初老と言われた年代で、職場では中堅の編集者として活躍しています。私生活においても、結婚して、中学生の息子が 1人おり、一昨年に 埼玉の夫の実家の近くに家を建て、忙しいながらも 平穏な毎日を送っています。 
 《私》の日常生活については殆ど語られていません。夫に関しても殆ど記述がなく、『朝霧』 で登場したあの男性なのかどうかもノーヒントです。《私》が どんな男性と どんな恋愛をして結婚したのか、ちょっと気になりますが、想像するしかないようです。
 しかし、“水を飲むように” 本を読み、文学の事になると目が無く、些細な事に違和感や疑問を感じ、その違和感の謎を解いていく文学探偵ぶりは 大学生の頃の《私》と何も変わっていません。
 そのような姿からは 平凡ながらも幸せな生活を送っている様子が窺え、自分の娘の事のようにホッとしました。


posted by aozora |15:15 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年08月24日

CVSの皆さん! 今週末は厚別、来週は宮の沢です!

明日は 厚別で仙台戦ですね。
ルヴァン杯、天皇杯に続いての今季厚別3試合目ですが、前の2試合はいずれも水曜ナイターでしたから、今年初めての青空の下での試合です。
天気予報では 晴れらしいので、楽しみです。
CVSの人数がまだ不足しているようなので、都合の付く方はお願いします。こちら。


2011年は9月25日、2012年は7月8日、2013年は10月14日、2014年は7月12日、2015年は8月30日に行われた ハーフタイムパーティですが、昨年は無かったんでしたっけ?
今年はまだアナウンスがありませんが、開催されるのでしょうか?
 

1503704827-_20170826_083931.JPG


ハーフタイムパーティの前に、CVSは 夏の交流会 です。

チームの練習の都合により、時間が変更となりました。ご注意下さい。

日時は 9月3日(日) 12時半 14時半から 16時 18時半まで。(12時 14時受付開始)
    巷では ルヴァンカップの準々決勝ですが、残念ながら 札幌は関係なくなってしまいました。
場所は 宮の沢の 白い恋人サッカー場。
内容は ミニ運動会と バーベキュー、
    ミニ運動会では 「ジグザグチャナティップ!?」 などの軽い競技をし、
    14時 15時過ぎから 駐車場でバーベキューをします。
    バーベキューをしている間も ピッチでのミニサッカーは可能です。
    ただし、お酒を飲んだ後は自粛してください。
参加費は 大人 2000円、中学生以下 1000円。
参加者は CVSと、その家族や友人。
申し込みは CVS事務局まで。
締め切りは 9月1日(金)午後5時です。

大勢のCVSさんからの申し込みをお待ちしています。
詳しくは こちら。

昨年の交流会の様子は こちら や こちら に。


posted by aozora |23:23 | CVS | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年08月23日

『教団X』  中村文則

 アメトーークの読書芸人で ピース又吉やオードリー若林が推薦した事で話題となった作品です。
 先日文庫化されたので、やっと読みました。

1502116017-_20170807_232055.JPG



 作品の舞台は、対立する2つの宗教団体です。 
 ひとつは、“沢渡” という教祖が率いる「教団X」 で、セックスで人を洗脳していくカルト教団。もうひとつは、アマチュア思索家を自称する “松尾” が主催する、宗教とも言えないような温かく緩いつながりの集団です。
 この2つの教団の間で迷う男女 (高原、楢崎、立花、峰野など) の姿に、松尾や沢渡の過去、因縁、欲望などを絡めながらストーリーが展開していくのですが、更にそこへ 公安警察の陰謀、アフリカの貧困ビジネス、テロ集団、太平洋戦争なども絡むため、扱われるテーマは多岐に亘り、なかなか複雑でヘビーな構成となっています。
 ただ、途中でいろいろな話が挿入され、それが各々結構なボリュームがあるので判り難くなっていますが、基本的なストーリーは明確でしっかりしており、そこを外さなければ決して難しい小説ではないと思います。

 松尾の講話が 「教祖の奇妙な話」 として数話挿入されているのですが、その内容がなかなかユニークで深く、とても面白いです。
 第1話は ブッダによる仏教の始まりとその後の姿、人間の身体を構成する膨大な数の原子と意識の関係。第2話は 宇宙の始まりとされるビッグバンと古代インドの宗教聖典 「リグ・ヴェーダ」 の関係。第3話は 人間の身体を構成している原子達は、リサイクルされて再び誰かの身体の構成物に成り得るという話しなどなど、ここだけでも一冊の本になりそうです。

 更に、放送局を占拠したテロ集団のリーダーが、保守系や左翼のコメンテーターと太平洋戦争についてやりあうシーンなども 興味深く面白かったです。
 教団Xの性格上、セックスシーンの露骨な描写が多いですが、そこは小説の構成上、仕方のない部分だと思います。

 いろいろと評価や賛否は分かれているようですが、僕としては とても面白い作品でした。


posted by aozora |23:23 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年08月22日

『ミヤマ物語 1~3』  あさのあつこ

1503403252-_20170822_203342.JPG


 第1部 二つの世界 二人の少年 
 第2部 結界の森へ 
 第3部 偽りの支配者


ミヤマは 深山。
緑の深い美しい山も、その懐には深い闇を抱いている。

舞台は、深い深い山奥にある小さな村、雲濡 (うんぬ) と 更にその奥にある異世界、ウンヌ。
主人公は、いじめられて不登校となり、家庭にも居場所を見つけられない小学生、透流 (トオル) と、ウンヌの世界で最下層の身分に生まれ、日々の生活にも事欠き喘ぐ少年、ハギ。
昼の世界と夜の世界、二つの世界で暮らす 2人の少年の 冒険と成長の物語です。

イジメや格差社会という現代的なテーマも織り込みつつ、基底にあるのは 自分を、仲間を信じて困難に立ち向かう勇気と、友を想う友情、親が子を、子が親を想う愛情です。

今いるここは自分のいるべき場所ではない と思い、ここではないどこかへ逃げ出したい という気持ちは 多くの人が一度は感じたことがあるはず。
しかし、どこかへ逃げても そこは決してユートピアではない。この作品でも、イジメから逃げ出した透流がたどり着いたのは 厳しい格差社会のウンヌでした。

生きて戦ってこそ、未来は開ける。
自分を変える為に、自分が住む世界を変える為に、透流とハギが手を取り合って困難に立ち向かい 戦う姿からは、子供たちに向けた作者のメッセージが ストレートに ビシビシと伝わって来ます。

もう少し深く掘り下げても良いのでは、と感じる部分もあったけれど、読みやすい文章で テンポよく進む展開は スピード感があり、小学生向けとしては これで良かったのではないでしょうか。

「バッテリー」 の あさのあつこが描くファンタジー作品。
ファンタジーを書いても あさのあつこは あさのあつこでした。




posted by aozora |21:21 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年08月17日

【映画】  しあわせな人生の選択 

 お盆休みに シアターキノで観て来ました。
 小さなスクリーンなので、ほぼ満員。
 年配の方が殆どでした。

1502971264-_20170817_130741.JPG


 カナダで暮らすトマスが、永年会っていない友人 フリアンが末期ガンで余命僅かな事を知り、久しぶりに会うために マドリードを訪ねた4日間の物語です。
 トマスはどんな顔をして会えば良いのか分からないままフリアンを訪ね、フリアンはフリアンでそんなトマスにどう接して良いのか戸惑うのですが、そこはそれ 昔からの親友ですから、やがてお互いに遠慮なく言いたい事を言うようになります。
 その4日間でフリアンはいろいろな身辺整理をします。これ以上の治療を拒否し、終末期になったら尊厳死を選択する事を宣言し、葬儀の準備をし、気まずいままの知人に謝罪し、アムステルダムにいる息子に会いに行き、愛犬トルーマンの新しい飼い主を探します。
 4日間に出来ることなど限られているのですが、フリアンはトマスに甘えてわがままを言い、トマスはそれを全て受け入れようとします。4日間に様々なドラマや人間関係が詰め込まれ、その中からフリアンの人生が浮かび上がってきますし、フリアンとトマスに限らず、別れた妻や息子、愛犬とも、さりげない仕草や眼差しから お互いに相手を想う気持ちがよく伝わってきます。変わらない友情と愛情の物語でもあります。
 そんなフリアンを受け止めようとしながらも 喪失感に打ちのめされるトマスが取った行動はどうなのよ? という意見はあるでしょうけれど、そうでもしないとやり切れない場面というのはありますよね。
 最後のシーンには ちょっと驚きました。あのシーンがあっての邦題 「しあわせな人生の選択」 なのかもしれませんが、この邦題は判りにくいし、ちょっといただけないです。

 いわゆる終活もので、いろいろ考えさせられますが、お涙頂戴のストーリーではありません。覚悟を決めて理性的に振る舞おうとするフリアンが時々見せる弱気にはグッときますが、時にクスっと笑わせるような演出もあり、太陽の国スペインの作品らしいと感じました。
 4日間という限定された時間なのも良かった一因でしょう。。 
 年配者には面白いと思いますが、若者にはなかなか理解できない作品だと思います。


 この映画を観て すぐに思い浮かべた友人がいます。
 高校時代からの腐れ縁です。
 僕がフリアンの立場となったなら、彼はトマスのようにしてくれると思いますが、僕の方はしてあげられるでしょうか。
 そんな日が来ない事を願いますが、こればかりは判りません。


  原題 「Truman」
  スペイン=アルゼンチン合作、108分



posted by aozora |20:20 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0)