スポンサーリンク

2017年04月25日

中国の自転車事情. 

北京へ行って 一番驚いたのは 交通ルールやマナーの違い。
基本的に 歩行者よりも車優先で、青信号で横断歩道を渡っている歩行者がいても 平気で突っ込んでいくのには驚きました。現地の人は慣れているようですが、交差点を渡るだけでも ヒヤヒヤです。
車は右側通行で、交差点で右折する際は 信号は関係ないようです。右折や車線変更の際には かなり強引に割り込む為、クラクションがアチコチで鳴らされています。それでも お互いに譲らないため、車体が並ぶようにぶつかるのは日常茶飯事らしく、車体の横に擦り傷のある車を頻繁に見かけました。

自転車もたくさん走っています。
その中で目立っていたのが この3種。

オレンジ色の MOBIKE
1493124853-_20170418_230430.JPG


青い BLUEGOGO
1493124899-_20170418_230403.JPG


黄色の OFO
1493124997-_20170418_230330.JPG


この3種は ここ数年で一気に普及したレンタル自転車で、登録さえすれば 誰でも利用可能だそうです。
道端に停まっている自転車を利用したい場合は スマホで鍵を解錠し、どこで乗り捨ててもOK。
利用料は スマホに課金されるそうで、30分五角(0.5元)、1時間一元など様々です。

1493125222-_20170421_185351.JPG


1493125254-_20170422_211928.JPG


地下鉄駅周辺やポイントになる場所には多数停まっているので、すぐに利用できて便利ですし、安いです。
札幌にはポロクルがありますが、ポート(自転車置き場)が決まっているので、いまいち不便で、なかなか利用できません。
レンタル自転車に関しては 中国の勝ちでしょうか。

ただ、自動車と同じで 自転車もマナーは悪いです。
信号無視や斜め横断、逆走は頻繁... 
あ、これは日本でも同じですね。


posted by aozora |21:45 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月25日

中国の三輪車事情.

今朝のNHKだったかな、イタリアで三輪車での商品移動販売が人気の兆し! とのニュースがありましたが、北京では 三輪車がバンバン走っていました。

三輪車のタクシー。
タイのトゥクトゥク、フィリピンのトライシクル、インドのリクシャーなど、東南アジアには多数あります。
北京では 事故が多いのに、無保険の違法な車が多いそうで、危ないから乗らないように とのこと。
1493121083-_20170421_192833.JPG


1493121101-_20170421_163601.JPG


宅急便の車。
北京では小さな買い物でも ネットで購入して宅配サービスを利用する人が多いそうで、この車は 市内いたるところを走っています。
クロネコヤマトではありませんが、一日の配達量が半端ではなく、常に時間に追われるために、強引な割り込みや逆走なども 多々見受けました。
1493121127-_20170421_192902.JPG


この下は 自家用車なのかもしれません。
お洒落なデザインの三輪車もたくさんありました。
1493121140-_20170421_191648.JPG


1493121164-_20170421_191620.JPG


1493121178-_20170421_191531.JPG


1493121191-_20170421_185423.JPG


日本の軽自動車よりもずっと小さいのですが、近間の買い物に利用する程度なら これで充分な印象。
ただ、日本に持って来るとなると 安全基準などの問題が出てくるのでしょうね。


もちろん 普通のタクシーも走っています。
1493122575-_20170421_161444.JPG


1493122590-_20170421_161528.JPG


北京市内を走るタクシーの9割は 北京現代 (ヒュンダイとの合弁企業) の車で、北京に工場がある関係だそうです。
それ以外では 北京汽車や シトロエンを見かけた程度で、いずれも ほぼ同じサイズ、似たようなシルエットのセダンでした。タクシー会社はいくつもありますが、カラーリングは異なるものの、基本的なデザインは同じなので、統一感があります。 


ついでに、市内を走る路線バスをいくつか。

1493123173-_20170421_163521.JPG


連結部が蛇腹のトレーラーバス。

1493123188-_20170421_192619.JPG


二階建てバス。

1493123201-_20170421_192713.JPG


排気ガスを減らすための トロリーバス。
架線が無いところは パンタグラフを下げて エンジンで走っています。


続きを読む...

posted by aozora |20:28 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月05日

【映画】  ムーンライト 

昨日、仕事が終わった後で 家内と観て来ました。
ディノスシネマの2番スクリーン (108席) は 20人程の観客で、寂しいくらいでした。

今年度のアカデミー賞作品賞 受賞作です。
発表の時のドタバタで すっかり有名になりましたね。


1491385136-_20170401_090923.JPG


マイアミの貧困地区を舞台に、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3部構成で、自らのアイデンティティや セクシュアリティに悩みながら成長する主人公の姿を描いています。
それぞれに Little、Chiron、Black とタイトルが付いていますが、それは主人公の名前やあだ名で、それぞれの時代を象徴しています。
また、この作品のポスターの顔は3色に塗り分けられていますが、それぞれが 各時代の主人公を演じた3人の俳優の顔です。耳の形は違いますが、眼の印象が似ているので、こうして並べても あまり違和感は無いですね。

基本的なテーマは、“変わって行くものの中にあって、いつまでも変わらない気持ち” といったところでしょうか。
初めの方で 「自分の道は自分で決めろ、決して周りに決めさせるな」 というフアン (主人公を保護するドラッグの売人) のセリフがあるのですが、これも大切なテーマのひとつなのでしょう。

思い切って簡単に言ってしまえば 初心な青年の純愛ラブストーリーなのですが、そこに いじめや差別、偏見、貧困、暴力、ドラッグ、ネグレスト、LGBT など、現代社会が抱える様々な問題が詰め込まれており、ストーリーに幅と深みを与えています。

全編を通して 明と暗の対比があり、静かで詩的な印象が残ります。

エンタメ的な要素はありません。

ラスト近くの海辺の回想シーン、月の光の下で青く輝く肌は美しく、幻想的です。

麻薬中毒の母親を演じた ナオミ・ハリスが 凄かったです。

1491385176-_20170404_181743.JPG



ただ、どうにも理解し難い部分や共感できない部分、回収されない伏線も多くあり、映画を観た直後は 消化不良のモヤモヤ感が身体中に満ちていました。
こうして思い出しながら、あれこれ考えながら文章を書いていて、初めて気付いたことも多々あります。
いろいろな意味で 難しい映画でした。 


posted by aozora |22:22 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月03日

『鹿の王』  上橋菜穂子 

1491088527-_20170401_101451.JPG


2015年の本屋大賞 第1位です。
「精霊の守り人」 シリーズ、「獣の奏者」 シリーズの 上橋菜穂子作品という事で、やっと今頃なのですが 期待して読み始め、一気に読み終えました。

面白かったです。

陰謀が渦巻く国盗り物語と 民族の対立、葛藤、その一方での 人と人の繋がり。
黒狼熱という感染症との戦いと、幕末の漢方医と西洋医学の対立を彷彿とさせるような医療アドベンチャー。
この二つを 二層構造で絡め シンクロさせるストーリーは壮大で、夢があります。

<ヨミダの森> に宿る谺主 (こだまぬし) は言います。
「人の身体ってのは森みたいなもんだ。おれたちの中には無数の小さな命が暮らしているんだ。」
天才的な医術師、ホッサルは言います。
「俺たちの身体は、ひとつの国みたいなものなんだ。この身体の中に、実に様々な、目に見えぬ、ごくごく小さなモノたちが住んでいて、いまも、私の中で休むことなく働いている。」

人間の身体も 国も、実は小さな命の集まりである。
それがこの作品の主題です。
国、人、病、自然、
非常に内容の濃いストーリーで、息をつかせぬ展開に惹き込まれました


ただ、
細部にまでこだわっている事がよく分かるのですが、いろいろ詰め込みすぎです。読み進めるのに体力が必要で、ちょっと疲れました。

また、
基本的にファンタジーは どこかにある架空の世界の物語なのですが、ここまで難しい当て字を使用する地名や人名、造語を使う必要はあるのでしょうか?
黒狼熱は ミツツアル、飛鹿は ピュイカ、東乎瑠は ツオル という具合です。
時々 ルビは振ってあるのですが、とても覚えきれないし、途中からは記号だと思うようにして読み進めましたが、時々 読み方が気になって集中が途切れるという事が何度もありました。

という事で、面白かったのですが、ちょっと消化不良気味です。


posted by aozora |19:19 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月01日

【映画】  わたしは、ダニエル・ブレイク 

昨日のプレミアム金曜日、
さすがに15時は無理ですが、17時になったら すぐに事務所を出て、シアターキノで観て来ました。
17時25分からという難しい上映開始時間もあってか、3分の1くらいの入りでした。

原題は ”I , Daniel Blake” 
昨年のカンヌ国際映画祭の パルム・ドールです。

1491056036-_20170401_090836.JPG


舞台は イギリス北東部のニューカッスル、
主人公は 59歳の大工、ダニエル・ブレイク、
テーマは 社会福祉で、格差社会で切り捨てられる社会的弱者の心の叫びを代弁したヒューマン・ドラマです。

永年 実直に生きてきた主人公は、心臓病を患って医者から仕事を止められ、仕方なく国の援助を受けようと手続きをするのですが、規則規則で融通の利かないお役所仕事に阻まれます。経済的にも精神的にも追い詰められ、尊厳さえも奪われようとしていた時、同じように苦境に陥っていたシングルマザーとその子どもたちと出会い、互いに助け合う中で次第に絆が芽生え、かすかな希望を取り戻していく姿を描いています。

舞台はイギリスなのですが、日本の姿と重なります。
違和感がないというよりも、社会的弱者を取り巻く環境は 日本と何も変わらないのだという事に驚き、”明日は我が身、決して他人事ではない” と思うと ちょっと背筋が寒くなります。

こうした状況は 日本や英国に限らず 米仏独を含め 多くの国で同じようなものなのでしょう。
イスラム国が勢力を拡大し、テロが続く背景にも こうした貧困問題があるのでしょうし、イギリスや多くの国で 移民や難民の受け入れを拒否するのも判らないではない と 思ってしまいました。

ただ、この映画は 怒りを持って現状を告発しますが、同時に こうした現状を変えて行くのは お互いの助け合う心、思いやりだ とも主張します。
「今度はわたしたちに助けさせて・・・」 というセリフに救われますし、
「人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで。」 というコピーにも表れています。
静かで、深い作品でした。


posted by aozora |23:13 | 映画 | コメント(3) | トラックバック(0)

2017年03月23日

『コンビニ人間』  村田沙耶香 

1490270586-_20170323_205031.JPG


第155回 芥川賞受賞作です。
オーロラタウンの紀伊国屋書店で買ってきて、帰り道で数ページ読んだまま自宅のテーブルに置いておいたら 家内が読みだして、面白そうだから先に読みたい というので譲ったら、いつもは読むのが遅い家内が 一日で読み終えました。
短いし、サクサクと読めます。立ち読みだけでも読めそうです。


注意! この後、ネタバレあります。


主人公は 大学に入学して間もなくから18年間、ずっと同じコンビニでアルバイトをしてきた36歳の独身女性。幼い頃から喜怒哀楽に乏しく、他人の感情を理解できない。容姿は凡庸で、食べる事にも 男にも興味が無く、当然ながら男性経験も無し。何をしてもどこかズレており、家族からも浮いてしまっているので、一人でアパート暮らしをしています。

彼女は 自分が所謂普通とはちょっと違っている事を自覚していて、普通ではない事による面倒を避ける為に 必死に周囲の普通人のマネをして努力します。遂には、好きでもない男と一緒に生活をする (曰く、男に餌を与えて飼う) のですが、そのことがきっかけで 実は周囲が自分をどのように見ていたかに気付き、自分の居場所だと思っていたコンビニからも裏切られる。
そのシーンは切なく哀しいです。

ただ、この主人公は 世間の多数派から外れたマイノリティであり、それなりに悩んでいるのですが、自分の人生を否定せず、あまり悲観的に考えていないのが良いですね。
特にラスト、
「身体の中にコンビニの 『声』 が流れてきて止まらないんです。私はこの声を聴くために生まれてきたんです」
「私は人間である以上にコンビニ店員なんです。私の細胞全部が、コンビニのために存在しているんです」
と 開き直るかのように自分の生き方を絶対的に肯定するシーンは 清々しいほどです。

この主人公は たまたまコンビニに自分の居場所を見つける事が出来ましたが、広く周囲に合わせる事が苦手で、狭い世界だけでしか生きていけない人は 多分 大勢います。
そういう人たちにとって、普通である事を押し付けようとする周囲の圧力は 迷惑以外の何物でもないのでしょう。
この主人公のように、自分が自分である事を認め、自分が生きることの出来る世界を見つける事が 最初の一歩なのでしょうけれど、それを見つけられる人は 幸せなのかもしれません。


続きを読む...

posted by aozora |21:01 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年03月23日

『落日燃ゆ』  城山三郎 

今朝起きたら窓の外は一面の銀世界。
今日は宮の沢で練習の予定でしたが、さすがに外では無理だったようですね。
まだしばらくは寒い日が続くようですから 怪我には十分気を付けて欲しいものです。

さて、

1490104740-_20170321_225205.JPG


43年前、昭和49年に発表された小説で、城山三郎の代表作のひとつです。
第二次世界大戦のA級戦犯として処刑された広田弘毅 (ひろた こうき、1878年2月14日-1948年12月23日) の生涯を、激動の昭和史と重ねながら、広田の性格同様に淡々と抑制した筆致で描いています。
なんで今頃この本? と言われそうですが、初めて読んだ時から強く心に残っている作品で、これまでにも何度か読み返しています。
今回は たまたま古本屋で目に留まって、自宅の本棚にある事は判っていたのですが、買ってしまいました。

第二次世界大戦のA級戦犯とは、極東国際軍事裁判所条例第5条に定義された3つの戦争犯罪、a.平和に対する罪、b.通例の戦争犯罪、c.人道に対する罪 のうち、項目a の 平和に対する罪で訴追された者をいい、項目b、項目c で訴追された者を それぞれB級戦犯、C級戦犯と呼びます。
A級戦犯として逮捕、訴追された者は 100名以上に及びますが、東條英機や近衛文麿のように 早々に自決(自殺)した者もおり、最終的に 東京裁判で絞首刑を宣告されたA級戦犯は7人でした。そのうち 6人は軍人でしたが、ただ1人、広田弘毅だけは文官で、外務官僚、総理大臣、外務大臣を経て、終戦時は重臣という立場にありました。

広田は、総理大臣として、外務大臣として、重臣として、それぞれの立場で戦争を防ぐために必死に和平への道を模索しますが、その度にその努力を水泡に帰すような邪魔が入って叶わず、結局、日中戦争、第二次世界大戦が勃発し、敗戦を迎えます。
しかし、広田は 「高位の官職にあった期間に起こった事件に対しては喜んで全責任を負うつもりである」 として潔く自分の責任を認め、東京裁判において一切の弁解をせず、それを黙って受け入れたそうです。

もちろん この作品は広田の立場にたってその生涯を描いた小説ですから、これが全て真実だとは思いません。実際、優柔不断で弱腰な人物と評する声もあるようですし、次世代の平和の為に話すべき事はきちんと話し、事実を明らかにする責任の取り方もあったのではないかとも思います。
しかし、自ら計らわず、常に広く情報を集めて次に備え、与えられた立場を静かに受け入れ、その責任をしっかり果たそうとした姿勢。その一方で、妻や家族を思い遣る深い愛情。この作品で描かれる広田の姿には 心を打たれます。 

第二次世界大戦を描いた本は 本当にたくさんありますが、その多くは将校や兵士、一般市民の視点から描かれたもので、政治家の視点から描いたものは少ないように感じます。その意味でも とても面白い作品だと思いました。
広田の同期として 吉田茂も登場しますが、対照的な性格の彼との対比も面白いです。

最近も右だ、左だ、教育勅語だ と喧しい(かまびすしい)訳ですが、様々なイデオロギーや利害関係、思惑を超越した中で 事実を明らかにするのは 難しいですね。
何事も関わった人の数だけ異なる視点と真実があり、目の前にある森友学園の問題さえ真相解明は難しいのですから、歴史上の問題となると不可能と言わざるを得ないのかもしれません。


続きを読む...

posted by aozora |20:45 | 本の話 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年03月21日

【映画】  アサシン クリード

この類の映画は 家内は観ないので、メンズデーに一人で観てきました。
3月3日公開で、予告編は面白かったと思うのですが、既に終了間近のようで、客席はガラガラでした。

1490100866-_20170321_145715.JPG



原題は “ASSASSIN’S CREED”、“暗殺者の信条” という意味で、同名のコンピュータゲームを原作として、新たなキャラクターとストーリーで映画化した作品だそうです。
「エデンの果実」 といわれる世界を変えうる力を持つ秘宝を守る 「アサシン教団」 と、それを奪って人類の支配を目指す 「テンプル騎士団」 が、何世紀にもわたって対立しているという構図で、主人公は アサシン教団の “伝説のアサシン” の血を引く者。彼はテンプル騎士団が開発した遺伝子操作装置 「アニムス」 により DNAに眠る祖先の記憶を呼び覚まされ、現在と過去を行き来しながら 伝説のアサシンの戦いを疑似体験していく中で 歴史に隠された謎を解明するのですが、それと同時に アサシンとして覚醒していくというストーリーです。
今作は作品の世界観や登場人物の紹介がメインという印象でしたから、これを第一作としてシリーズ化を目指すのでしょうね。


続きを読む...

posted by aozora |21:45 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年03月05日

【映画】  LA LA LAND

試合は残念でした。
前半を0-0で終えたところまでは良かったのですが・・・・
来週のホームで まずは1勝! ですね。


1488670396-_20170304_175617.JPG


昨日の夕方、試合の前に 札幌駅の上で観て来ました。
3番スクリーンは 最前列まで人が入り、ほぼ満員でした。

大渋滞の高速道路でのダンスシーンから始まるオープニングは ハッピーなミュージカルを予感させましたが、いやいや、なかなか、どうして、一筋縄では行かないですね。

ラストの10分間で 完全にやられました。
深い余韻の残る 甘く 切ない 素晴らしい映画でした。 
 
歌があって、ダンスがあって、夢もあるミュージカルで、過去のミュージカル作品へのオマージュも散りばめられていますが、ミュージカル ミュージカルしていません。
ミュージカルが苦手な人にも 是非 見て欲しい作品です。

もっと書きたいけれど、これからご覧になる方も多いと思いますので、ここまでにします。
僕は 多分 もう一度観に行くと思います。

アカデミー賞では 作品賞を取れませんでしたが、監督賞、主演女優賞、主題歌賞など 6冠!
充分 納得です。


posted by aozora |08:32 | 映画 | コメント(2) | トラックバック(0)

2017年03月03日

『騎士団長殺し』  村上春樹 


第1部 顕れるイデア編 は 出張先の仙台空港で購入し、第2部 遷ろうメタファー編 は 札幌に帰ってから紀伊国屋書店で購入し、昨日 読み終えました。

1488546286-_20170303_185927.JPG


僕はハルキストではありませんが、昔から村上春樹が好きで、新作が出れば すぐに買って読んでいるので、この作品も 楽しく面白く読み終えました。
巷では この作品は ハルキ的世界の集大成、大いなるマンネリなどと言われているようですし、作中の 「風の音に耳を澄ませて」 というコミのセリフからは 原点回帰なのかとも思うし、どのように表現すれば適切なのか判りませんが、いつもと変わらない安定的な村上春樹の世界、大人向けのファンタジーです。

一方、いつもの定番アイテムが いつものように登場し、またか! と思ったのも 正直なところ。
村上春樹は、自分の中に 「物語のたまり」 があって、小説を書くときはそこから物語を拾いながら無意識のうちに書いているそうです。そこには 様々なストーリーやアイデア、ヒント、素材が たくさん集められているのでしょうね。
村上春樹に限らず、誰でも物を書く時は そうした素材を集めてから書き始めると思うのですが、その質や 量が 違うのでしょう。僕の 「物語のたまり」 が 我が家の物置だとすると、村上春樹のは amazon の物流センターといったところでしょうか。
そこに集まるものは どうしても自分の好みや趣味に合うものが多くなるでしょうから、そこから拾い集めると 同じような素材が多くなるのも仕方のないところ。この作品も、そういう事なのかもしれません。

また、主人公の 「私」 は画家なのですが、
「どれだけ長くキャンパスの前に立って、その真っ白なスペースを睨んでいても、そこに描かれるべきもののアイデアがひとかけらも湧いてこなかった。どこから始めればいいのか、きっかけというものが掴めないのだ。私は言葉を失った小説家のように、楽器をなくした演奏家のように、その飾りのない真四角なスタジオの中でただ途方に暮れることになった」 と語ります。
しかし、一度何かに触発され きっかけを掴めると
「それは私自身が描いたものでありながら、同時に私の論理や理解の範囲を超えたものになっていた。どうやって自分にそんなものが描けたのか、私にはもう思い出せなくなっていた。それは、じっと見ているうちに自分にひどく近いものになり、また自分からひどく遠いものになった。しかしそこに描かれているのは疑いの余地なく、正しい色と正しい形を持った」 作品が出来上がるのだといいます。
これは 作者自身の執筆の姿と重なるのでしょうか。

アーティストは誰でも これが自分の代表作になると信じて新作を発表する、過去の作品が代表作と言われ続けるのは心外だ と聞いたことがあります。
残念ながら、僕にとっての村上春樹の代表作は、今作を読み終えた今も 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」、或いは 「ねじまき鳥クロニクル」 です。


ところで、
村上春樹の作品に登場する音楽、車、酒、服などで 具体的な名前で書かれるものは、その殆どが 村上春樹の眼鏡にかなったハイセンスなものばかりなのですが、この作品の中で主人公がスーパーマーケットで選んだビールは 「サッポロ」 でした。
 


posted by aozora |22:45 | 本の話 | コメント(2) | トラックバック(0)