スポンサーリンク

2018年08月05日

J1 第20節  柏レイソル

1533463855-180805.jpg

コンサドーレ札幌1-2柏レイソル

夏休み&Tシャツ無料お配布の効果か?
2万6千人が詰めかけました。

この大観衆の前でいいところをみせたかったんだけど、前半、柏に先制されたあと、後半にジェイのゴールで追いついたものの、ミスから突き放され、1-2で敗戦。

試合開始当初は、コンサドーレの方が質が良く、このままいけば勝てそうな雰囲気が漂っていたので、悔しい敗戦となってしまいました。

両方とも、コンディション不良のせいか?どちらのチームも守備がゆるゆるで、ほとんどノーガードの打ち合いのように。ところが、どちらも決定力を欠いて、なかなかゴールが生まれない。

柏の2点めは、福森が自陣深くで不覚にもボールをロストするミス。
4連敗中の柏もさすがにそれを見逃さず、これが決勝点になってしまいました。

とにかく、柏は執拗に3バック横のスペース、とくに福森のサイドを狙っていたようにみえました。

そのスペースに入り込んでくるのは、J1でも屈指のスピードスター、伊東 純也。福森はそれほど守備力が高くないので、ホントきりきり舞い。
あのへんは、ベンチからなんらかの策を打って欲しかった。

それにしても、柏にリードされてからは、柏に決定機が何度作られたことか。

柏がシュートミスをしたり、ソンユンの神がかったセーブがなければ、あと3点ぐらいは取られたかも。

とはいえ、コンサドーレもけっこう攻めまくっていて、クロスがあえば、とか、シュートが枠に飛んでいれば、というシーンは決して少なくなかったと思います。

あと、書いておきたいのは、今日はチャナティップが精彩を欠いていたかな・・・。

せっかくいいところでボールを受けて前を向いたのに、敵に向かってボールを渡すミスが3回ぐらいあったでしょうか。

そして、コンサドーレロングパスが短くて、相手に取られたシーンもかなり多かった。

順位こそ、コンサドーレは4位、柏は15位だったけど、力の差はほんと全然無いですね。

ちょっとでも気を抜いたら、がっつり順位が下がりそう。



posted by agre |19:09 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月07日

J1 第6節 名古屋グランパス

1523098831-001.jpg
3-0で圧勝!

いや、素晴らしかった。

前節、コンサドーレは、引き分けたと言え鹿島と互角以上に戦っていたらしいし、逆に名古屋は公式戦で結果が出ず、おまけに要のシャビエルも欠場ということで、なんとか勝ってくれるんじゃないか?ああ、でもなんかサクッと負ける可能性もあるよなぁ・・・。

試合前は、こんなことを考えてました。

だがしかし、我らがコンサドーレは、予想外に攻守で名古屋を圧倒し、勝ち点3と得失点差3を手に入れてしまいました。

いや、ホントおそれいった。こんなすごい試合はちょっと思いだせないな。


特筆すべきは守備の方で、ほとんど危ないシーンが無かったですね。
そりゃあ、相手もプロなのだからある程度シュートは撃たれたものの、これまでにみられた凡ミスからのピンチはホント少なくなったし、相手の選手をフリーにすることも少なくなりました。

中断期間に、なにか劇的な変化があったんでしょうかねぇ。
今は分からないけど、シーズンオフ辺りにそんなエピソードとか発表されたりして。

まぁとにかく、今から、次の試合がすごい楽しみですね。


posted by agre |19:59 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月30日

J1 第31節 鹿島アントラーズ

1509361705-001.jpg

北海道コンサドーレ札幌1-2鹿島アントラーズ

今節は、ゴール裏のチケットが完売で取れなかったので、はじめてバックスタンドから観戦しました。

試合開始前、アウェイとは思えない鹿島サポーターの素晴らしい応援と、その声量をはるかに上回るコンサドーレサポーターの応援合戦はすごく見ごたえがありました。

来場者全員に配られた、LEDブレスレットによるライトアップもすごくキレイでしたね。
肉眼でみると、「おお、大気が怒りに満ちておる・・・」的な美しさだったんですけど、アイフォンの写真だと全然それが伝わらないのが残念。

さて、試合の方ですが。

ひとこと、鹿島は強かった。

試合の序盤こそ、モチベーションマックスのコンサドーレイレブンが鹿島の選手にファイルぎりぎりのチャージをかまして互角の勝負を演じてみせたものの、徐々に地力が勝る鹿島に圧倒されてしまいました。

スコアこそ1-2ですけど、純粋な戦力差はもっと大きな感じがしましたね・・・・

他のチームだと付け入るスキがあったけど、鹿島にはその隙が全然ない感じ。

このチームに勝つためには、チームのスキルをもっと挙げていかないと、勝負にならない感じでした。

鹿島のすごいところは、とにかく攻めに入ったときのスピードですね。

どんどん縦パスが入るし、そのパスのスピード速いし、ドリブルも早い。

特に金崎の緩急の大きさがすごかったです。

隙がないといいつつ、鹿島にはパスミスがそこそこありました。
でも、コンサドーレがそれを奪っても、なかなかシュートまで持ち込めませんでした。
鹿島と比較してしまうせいか、攻めに移ったときのスピードがまぁ遅くみえましたね。
チャナティップがボールを持つと、ちょっと違いましたけど。

今節では残留は決まらなかったけど、広島、甲府がそろって負けたので、コンサドーレが残留する可能性はかなり100%に近くなりました。

とはいえ、次の清水戦にかって、しっかりと残留を勝ち取りたいですね。


posted by agre |20:06 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年08月13日

J1 第22節 ヴァンフォーレ甲府

1502625420-koufu.jpg

北海道コンサドーレ札幌1-1ヴァンフォーレ甲府

ジェイの鮮やかなゴールで先制するも、守備でミスが出て追いつかれ、痛い痛い引き分け。

残留争いのライバルと引き分けなのだから負けるよりマシか、という考え方もあるかもしれない。

しかし、個人的には負けに等しい引き分けと言っていいと思います。

今後、おそらく下位にいる広島は勝ち点を伸ばしてくるでしょう。
コンサドーレがJ1に残留するためには、当たり前ですが、勝ち点を確実に獲っていかなければなりません。

比較的戦力に乏しい甲府から、勝ち点を奪えないでどうするのか。
しかもホームだったし。

やっぱり、都倉の退場が響いてますね。
ジェイが引っ込んでからは、全然得点の臭いがしなかったし、
守備でもなかなかプレスがかからなかったし。

最近、ヘイスは元気なんですけど、以前のスーパーなプレーが影を潜めてしまいました。
それと、金園には期待していたんですけど、守備でも攻撃でも全然目立たなくて、がっかりです。

今後は、都倉、チャナティップ、ジェイ、ソンユンが怪我なく稼働できれば、
残留はできそうな気もするけど・・・。

この分だと、残留争いは、まだまだ続きそうですね。



posted by agre |20:52 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年06月04日

J1 第14節 ヴィッセル神戸

1496563245-koube.JPG
北海道コンサドーレ札幌1-2ヴィッセル神戸

悔しい悔しい逆転負けです。

我らがコンサドーレは、前半開始早々に先制したものの、
前半終了間際に追いつかれ、
後半終了間際に逆転されました。

今日の敗因は、同じ意見が多いでしょう。

前半終了間際の、謎のパスミス。
そして決定機逃し。

特に、前半のパスミスはいただけないです。
あそこで、前へパスする必要は絶対なかった。
危なげなく後方でパスを回し、苦しくなればそこで前へ大きく蹴り出せば良かった。

たらればといえばそうだけど、どう考えてもあそこは時間を稼いで、リードしたまま前半を終えるべきだった。

そして、ことごとく決定機を逃したのが痛かった。
2回の一対一を逃した都倉、フリーのシュートを枠に飛ばせなかったミヤザーは・・・
まぁ本人たちが悔しいでしょうけど。

逆に、数少ない決定機を枠に飛ばしたニウトンが際立ちますね。

神戸は、ニウトン一人が別次元の出来で、
そのほかは攻撃も守備もそれほど強いとはいえなかったと思います。

特に最終ラインでは都倉の突破を許したり、コンサの選手にフリーでシュートを許したりで、かなりあやふやな感じ。
勝ち点3を奪うチャンスはいくらでもあったんですけどね・・・。

もう、J1のチームを互角以上にやれることは証明できたと思います。

あとは、いかに勝ち点を奪うか。

少なくとも、前半終了間際のようなミスはしないようにしてほしいものです。


posted by agre |16:55 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年05月14日

J1 第11節 ガンバ大阪

1494767280-ganba.JPG

あー、くーやーしーいー。

久々に味わったぜ、この感覚。

ACLでガンバが疲れてたとはいえ、コンサドーレはけっこうチャンスつくってました。
コーナーキックも獲れていたし、あとはラストパスの精度と決定力かな・・・
と思ってたら、ガンバの藤本に敵ながらあっぱれなゴールを決められてしまいました。

ループシュートは、方向と高さもそうだけど、距離感も合わなければ入らなないわけで、何もこの試合であんなゴールを決めなくてもよいのに。

後半、怒涛の攻めをみせたコンサドーレですが、あと、もう少しということろで、ゴールを割ることができませんでした。

ボールの軌道とか、はね方とか、ちょっとした運があれば、試合の結果は全然違ったものになったと思うんですけどね。

それにしても、ガンバの守備は硬かった。
ガンバというと攻撃型かと思っていたけど、今はそうじゃないみたいですね。
特に、ファビオには実にいい守り方をされてしまいました。

あとは交代がね・・・
結果的に上手くはいかなかったですね。

あの状況で、運動量が少ない小野を入れてもなぁ・・・

たらればですけど、足を痛めた福森に変えて小野ならまだなんとかなったかも。

あと、やっぱりマセードはまだまだ。ジュリーニョも、なんか空回りしているところが気になります。

そしてやっぱり触れなければならないのが審判ですかね。

こちらのハンドの見逃し、さらに金園の好機で笛を吹きやがりました。

流さなかったのは下手なのかもしれないけど、ハンドの見逃しは少し悪意を感じましたね。

浦和戦のPKもそうですが、ここぞというときに、コンサドーレに不利な判定が続いているような気がします。

しかし、今日も悲観するような試合内容ではなかったです。

勢いは衰えていないと思うし、新潟には何がなんでも勝ちたいですね。


posted by agre |22:07 | J1リーグ戦 | コメント(1) | トラックバック(0)

2017年05月07日

J1 第10節大宮アルディージャ

1494118016-oomiya.JPG
北海道コンサドーレ札幌1-0大宮アルディージャ

いや素晴らしい!

残留を争うであろう下位チームが相手ということで、
勝てば勝ち点3差をつけ、
負ければ勝ち点3差を詰められる、
いわゆる勝ち点6の価値があるこの試合を完封勝利!

もう素晴らしいと言うほかありません!


今までの相手は、選手やサポーターも含めて、普通にやれば札幌なら勝てるだろうと、どこかなめてかかってきていた感じがありました。
しかし、大宮は下位に沈んでいるだけに、絶対に油断しない、どんなことをしてでも勝ち点を持ち帰ろうとする気迫が感じられました。

その答えがあの守備的な戦術なんでしょう。絶対に失点だけはしない、スキを付いて1点とって、なんとか逃げ切るという。
実際、前半かなり危ないシーンつくられましたしね。シュートがソンユンの正面つかなかったら、まったく逆の結果になっていたかもしれません。

それにしても、札幌には福森といういいキッカーと、都倉、金園というヘディングが強い選手がいるのに、大宮が背の低い選手を並べてきて、しかもCKを安々と与えてくれるというところは解せませんでした。実際、そこから決勝点生まれましたし。

札幌はパスワークで中央突破、なんてことはできないので、サイドで数的優位をつくって抑えられたらかなり苦しいことになったと思うのですが。

しかし、シーズン開幕前は、こんなにやれるとは思ってなかったですよ。

J1得点王になれるぐらいのFWを補強しないと!
とか、
直接FK決めるぐらい精度のよいFKを蹴れるキッカーを連れてこないと!
とか思ってたんですけど、
都倉がJ1得点王狙えそうだし、
福森のFKの精度はJ1でもトップクラス。

補強した選手たちも思いほかいい感じだし、
今後もいい試合が期待できそうです。


posted by agre |09:46 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月16日

J1 第 7節川崎フロンターレ

1492345703-kawasaki.jpg

北海道コンサドーレ札幌1-1川崎フロンターレ

PKで先制されたものの、札幌が誇るフィジカルモンスター都倉が同点弾を決めて、価値ある勝ち点1を獲得!

FC東京に続き、川崎も優勝候補ですから、下手したら大量失点で負けるって可能性もあったんですけど、試合がはじまってみると、我らがコンサドーレイレブンは、互角以上の内容をみせてくれました。

勝ち点1を奪ったこともそうですが、FC東京、川崎フロンターレと、優勝候補と五角以上にやれることを証明したということは、J1残留に向けて、選手もサポーターも大きな自信を得た試合になったと思います。

甲府に負けたときは、FC東京、川崎フロンターレ、浦和レッズ相手に、少なくとも勝ち点4は獲らないとやべえぞ・・・

という雰囲気でした。でも、ノルマを達成してしまったので、次の浦和戦は少し気楽にやれそうです。

と思ったんですけど、下位の柏、新潟が勝ってしまい、その余裕が消えてしまいました。

次の浦和は、この前仙台を7-0で葬っていて好調ですけど、少なくとも大量失点だけは避け、あわよくば勝ち点1、できればうっかりと勝ち点3を獲得して欲しいものです。

さて、個人では、都倉の素晴らしさはおいといて、他の選手たちもみんな良かったと思います。

特に、前半は内村が効いていましたね。それだけに、内村の負傷離脱は非常に残念です。
怪我が軽傷であるといいのですが。

それと、菅くんが、だいぶ持ち味を出してきたようで嬉しいです。
サイドで、落ち着いたボールキープがあったり、するどい突破で荒野のアシストにつながったり。

しかし、まだまだ十分とはいえないので、後半のジョーカーとして、存在感を発揮してほしいです。

最期に、審判は非常に不安定でした。
審判は辛い立場だということ、審判のジャッジもプロサッカーというエンターテイメントのエッセンスということは理解しているのですが、もうちょっと安定したジャッジをお願いしたいです。


posted by agre |21:26 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年04月08日

J1 第 6 節FC東京

1491661054-cat.JPG

北海道コンサドーレ札幌2-1FC東京

逆転勝利キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

いやー、3回涙ぐみましたね。2つのゴールと、勝利の瞬間に。

申し訳ないけど、大久保、ピーターウタカなどのJ1得点王、日本代表の森重、中島とタレント揃いのFC東京に勝てるとはほとんど思ってなかったですよ。

今まで、J1で虐殺されてるイメージしかなかったですしね・・・
Jリーグタイムで分かったんですけど、FC東京にJ1で勝ったことがなかったそうで。そりゃあ、負けるイメージしかできないのも当然かな。

試合がはじまってもあっさり失点して、ああ、今日はいったい何点取られるんだ・・・と頭を抱えていたら、意外に攻撃できてるし、決定機もつくるし、パスも早坂も回るしで、なんかいける?!

と思っていたらジュリーニョのゴールが!!

これは、今日の試合でもそうだけど、大きなゴールじゃないですかね。
今ひとつジュリーニョはJ1になじめてなかったようだけど、これで自信つけて覚醒してくれるかも。

後半入っても、決定機をつくったのはコンサドーレで、目の前で逆転ゴールを奪ったときは、ほんと嬉しかったですね。こういうことがあるから、サッカー観戦はやめられないなと。

ピーターウタカに恐怖しながらも、試合終了を迎えた瞬間もホント感動しました。
FC東京に勝てるのなら、J1残留への希望が膨らむというものです。

ゴールを奪った二人のFWはお見事でしたが、俺的MVPはミヤザーです。
ミヤザーは、毎年着実にアップデートしてるけど、ほんと頼もしくなってしまいました。
ボランチにコンバートしたときに、バックパスしかできなかったあの頃はもう遠い記憶です。

次に、福森のFKの精度がすごかったですね。彼が蹴ったボールは、だいたい相手チームにとって危険なところに飛んでいたと思います。

それに、ちょっと遠目でわかりにくいので、誰が誰か分からないですけど、補強した選手たちはみんな素晴らしい働きをしてくれてますね。

荒野も今日は良かったと思います。

ただひとつ難点をあげるとすれば、菅くんですかねー・・・・

ルヴァン杯で活躍したので期待していたのですが、技術、フィジカルともに、まだまだJ1のトップレベルにはなさそうです。

そして、終盤、ボールから目を切ったことは懲罰物。
ちゃんをボールを追っていれば、追加点も取れたはず。
勝ったから良かったものの、大いに反省してほしいです。

とはいえ、6試合で勝ち点7。
これはホント大きな進歩です。

まだまだ、安心はできないけど、今後がほんと楽しみになってきました。


posted by agre |23:15 | J1リーグ戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

2017年03月18日

J1 第 4 節 サンフレッチェ広島

1489842462-001.jpg


北海道コンサドーレ札幌2-1サンフレッチェ広島

2017 J1リーグ戦初勝利キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

素晴らしい!みんな、よくがんばった!!

そりゃあ、決して褒められた試合では無いけど、とにかく今は内容より結果!

もう100点満点の試合といっていいです!

試合中に感じたのは、とにかく広島のサッカーを研究しているなーということでした。

知っている人は知っていると思いますが、広島のスタイルは、GKからとにかくパスでつないでいくサッカーです。

多分、四方田監督はそれを狙おうとしたのでしょう。兵藤を前に上げて、常に相手ディフェンスラインにプレッシャーをかけてました。

広島の攻撃に対して、サイドでも中央でも数的不利になることはあまりなく、攻められているようで、上手く攻めさせていたのかもしれません。

すごいなと思っていたのはサイドの攻防。広島のミキッチなど、広島サイド攻撃を、ほぼ完璧に抑えきったのではないでしょうか。

とはいえ、遠目からの危険なシュートがいくつかありました。ソンユンの正面に飛んでくれたから良かったですけど、ちょっとでもコースがずれていたがら危なかったですね。

その他、何度か危ないシーンがあって、私の記憶ではうちのボランチのパスミスからが多かったかな・・・。

あのへんのミスは失点につながりかねないので、なるべくああいうミスは少なくしていきたいですね。

広島は、全体的にみんな上手いんだけど、ゴール前での怖さが少ないと言う感じ。

佐藤寿人やピーター・ウタカのようなフィニッシャーがいないと、やっぱりきつそうですね。

コンサドーレの順位は、4節終えて、現在は13位。

これで、

「今シーズン、一度も降格圏を脱出できずほにゃらら」

という事態は回避できました。

え、後ろ向きすぎる?いやいや、まさか、こんなに早く勝てるとは、正直思ってなかったですよ・・・。




1489842437-002.jpg



posted by agre |22:06 | J1リーグ戦 | コメント(0) | トラックバック(0)